デラフェルテ 値段

バストアップジェルの選び方 ボルフィリンに副作用?

バストアップジェルの選び方 ボルフィリンに副作用?

バストアップジェルに人気の成分 ボルフィリン?

ボルフィリンは、バストアップクリームやバストアップジェルの主成分として近年人気の成分です。

ボルフィリンは、脂肪細胞を増加させる効果のある成分といわれています。

そこで各種バストアップアイテムの成分として大きな注目を浴びています。

脂肪増加効果があるということは、バストに塗ることでバストアップが期待できるということです。

これまでバストアップアイテムの主成分として人気を博していたのがプエラリアや大豆イソフラボンなどの女性ホルモンに直接働きかけ、その分泌を活性化させるもの。

女性ホルモンの分泌を促進することで、バストアップ効果が得られる効果が期待されます。

ですが、プエラリアなどは特にホルモンバランスを崩してしまう効果もあるため、女性の体調に不調を及ぼし時には重篤な副作用を引き起こしてしまうおそれがあり、最近では敬遠される傾向にあります。

しかし、近年これに代わりボルフィリンやプラセンタといった女性の体に悪影響を及ぼさない植物性成分がバストアップアイテムの主成分として主流になってきています。

ボルフィリンは安全な成分でありながら、バストの脂肪を効果的に増加させる効能を持っているので、大きな効果が得られると人気が上がっている成分です。

また、ボルフィリンでついた脂肪分は減少しにくいという臨床結果があり、効果の持続性という点でも期待度の高い成分です。

例えば体内に吸収されやすいヒアルロン酸注入法などのジェル注入型の豊胸術ですと、一定時間が経過すればバストの大きさも元に戻る傾向がありますが、一度ついた脂肪の落ちにくいボルフィリンによるバストアップ効果は長く続く点に大きな特徴があります。

ボルフィリンに副作用はある?

お肌に直接塗るクリームやジェルとなるとやはり肌荒れなどの副作用は気になるところですね。

それではボルフィリンは一体どのような素材から取り出された成分なのでしょうか?

ボルフィリンの主成分は、先ほども言いましたように植物です。

ユリ科の植物であるハナスゲの根っこのエキス。

このハナスゲから抽出された植物由来のサルサザポゲニンという原料の中から作られた成分がボルフィリンです。

プエラリアなどの成分とは違い、女性ホルモンに直接働きかけるという性質のものではありませんので、副作用の恐れはないと思って問題ないでしょう。

実際のところ、国民生活センターや消費者センターなどにそういった報告は皆無のようです。

従来バストアップ成分として人気の高かったプエラリアなどは女性ホルモンの分泌に深く影響を与えます。

ですから、ホルモンバランスの調整がうまく出来なかったり、ホルモンバランスを崩してしまうことが多いようです。

ホルモンバランスの崩れはデリケートな女性の体調によくない影響を与えます。

ずばり副作用を引き起こすということです。

具体的には、生理不順や不正出血・肌荒れ・めまい・吐き気といった女性にとって嬉しくない症状が少なからず起こるようです。

実際、ここ数年、国民生活センターにプエラリア配合のバストアップアイテムや美容製品による副作用の報告が数多く寄せられています。

これを受けて、国民生活センターはプエラリア配合の美容製品等に対する情報提供と注意喚起を消費者に対して行っています。

バストアップクリームやジェルはもちろん、経口で体内に取り入れるサプリなどはより一層の注意が必要になります。

クリームやジェルも体の表面に塗るものですから、重い副作用の心配は低いかと思われます。

ですが、体への安全性を十分に考慮して、副作用の心配のないボルフィリンやプラセンタを主成分とするバストアップアイテムを選びたいものですね。



公式サイトへ

ページの先頭へ