デラフェルテ 値段

バストアップジェルの正しい塗り方

バストアップジェルの正しい塗り方

あなたの塗り方は正しい?

バストアップジェルは貧乳レディーにとって夢を現実に叶えてくれるアイテムと言えるでしょう。

バストアップジェルを塗ってマッサージするだけでバストにハリやボリューム、弾力が出てくるというわけですから、試してみないと損ですよね。

バストアップジェルを塗り始めれば途端にバストアップ効果が表れると思い込んでいる人がいるかと思いますが、決してそうではありません。

ジェルそのものに即効性というものはあまり期待できませんし、やはり重要なポイントは塗り方だと思います。

ただ無作為に塗っているだけでは、望むような効果は期待できないケースが多いですし、効率もよくありませんよね。

バストアップジェルは一般的なボディクリームよりも価格ははりますし、無駄遣いはもったいないというものです。

せっかく選び抜いたバストアップジェルを使っているわけですから、MAXな効果を期待したいと願う女性は多いと思います。

まずは効率的でないバストアップジェルの塗り方をご説明しますね。

効率的でないバストアップジェルの塗り方

まず大切なのが、ジェルを塗るタイミングです。

よくあるケースですが、入浴前にバストアップジェルを塗ってバストアップマッサージをしてしまうパターンです。

この塗り方は正しくありません。

バストアップジェルには、バストアップが期待できる有効成分が贅沢に配合されています。

この有効成分はお肌に塗ると、少しずつお肌の奥まで浸透していきます。

しかし、お風呂に入ってしまった途端これらの有効成分がお湯に流れてしまい、お肌から吸収されなくなってしまいます。

またバストアップジェルを過度に塗りすぎてお肌がベトベトになってしまうという方もおられます。

この塗り方も正しいとは言えませんね。

バストアップジェルの使用量の目安は製品によって違ってきますが、ベトベトになってしまうほど塗るのは塗りすぎでしょう。

製品によりますが、一ヶ月に内容量一瓶(1ボトル)を使い切るのが適当な量としてパッケージされていますので、一回毎の使用量も説明書に書いてあることと思います。

大体、適量を片手にとって薄く伸ばす感じで使用すればべたつくほど使ってしまうことはないでしょう。

また、バストアップジェルを塗り始めると滑りがよくなりますので、思わずマッサージに夢中になってしまい、力を入れすぎることもあるでしょう。

ですがこのマッサージだと、乳房を力強く揉みすぎてしまうため、かえってバストがしぼんでしまうという逆効果を生み出しかねません。

バストは柔らかな脂肪細胞が90%、デリケートな乳腺10%で構成されています。

力を入れすぎるマッサージは、ダイエットエステのように、脂肪燃焼効果を生んでしまうのです。

これでは本末転倒ですね。

脂肪燃焼が起きないよう優しく丁寧にマッサージすることが、効率的なバストマッサージのコツです。

当サイトでおすすめしているバストアップジェルは、専門カウンセラーの電話カウンセリング付きです。

正しいマッサージを適切にアドバイスしてくれますので、とても安心ですね。

効果的なバストアップジェルの塗り方

こちらでは、効率的・効果的なバストアップジェルの塗り方をご紹介します。

正しい方法で行わず、やみくもにマッサージすることはやはり御法度です。

効果的なマッサージのタイミング

やはり大切なのはジェルを塗るタイミングです。

朝と夜の二回塗るのがベストですが、朝なかなか時間が取れないという方は入浴後~就寝前の一回でも良いでしょう。

製品の特性によって使用方法もそれぞれ異なってきますので、説明書を確認するなどして事前に把握しておきましょう。

バストアップジェルを使用する際には、同時にマッサージも併行して行うことによって相乗効果が期待できます。

ジェルは片手に適量を乗せてゆっくりと伸ばします。手の平で少しずつ温めながら塗ることで、浸透力が高まりますのでここはできるだけじっくりと行いましょう。

バストアップジェルの塗り方の基本

バストアップジェルを手の平に十分伸ばしたら、バストに塗っていきます。

まずはバストの下から上に向かって、バストを持ち上げる意識で優しく塗っていきましょう。

そして、バストの外側から内側に軽く揉み込むように塗ってみてください。

これは、バストを中央に集め谷間を作るために大切な運動です。

バストの上から下に向けて塗ったり、内側から外側に向けて塗ったりするのは逆効果になりますので、十分気をつけてください。

下に向かって塗ると、バストを下垂させてしまいますし、外側に向けて塗るとバストの脂肪が背中方向に流れてしまい俗にいう「離れ乳」の原因を作ってしまいます。

バストアップジェルの塗り方はあくまで「下から上」「外側から内側」が基本になります。

大事なポイントですので、間違えないようにしましょう。

さらに、あまり力を入れすぎないこと。これもとても大切です。

先述したように「ダイエットのためのマッサージ」効果につながってしまい、バストの脂肪を燃焼させてしまうという逆効果を生んでしまいます。

バストは「脂肪の塊」です。

せっかくの脂肪が燃焼しないよう、優しく柔らかなマッサージを心がけましょう。

バストアップジェルマッサージのポイント

もう一点、バストアップマッサージのポイントがあります。

ワキ下とデコルテも一緒にマッサージすることです。

ワキ下とデコルテには無数の経絡やリンパ節が通っていますので、リンパの流れがスムースになりバストアップに大きな好影響があります。

バストアップマッサージと同時にリンパマッサージを行う感覚です。

さらに大切なことがもう一点。

お肌が清潔な状態な時に塗るようにしましょう。

汚れがあったり、汗やお湯で濡れていたりすると、バストアップジェルの効果が十分に発揮されませんので、気をつけてください。

バストにジェルを塗り込む際は、乳腺マッサージを心がけながら肌になじませていきましょう。

乳腺マッサージを行うことで、バストアップに不可欠な女性ホルモンの分泌が促進され、さらなるバストアップ効果が期待できます。

塗るタイミング:おさらい

バストアップジェルの塗り方についてご紹介してきましたが、塗るタイミングがとても大切であることは先述しました通りです。

バストアップジェルを塗るベストなタイミングは、シャワー後やお風呂の後がベストタイムです。

シャワー後やお風呂の後は、全身が芯まで温まっていますから血行が最も良い状態です。

血流が一番促進された状態のお肌には、バストアップジェルの有効成分が高い効果で最も効率的に浸透します。

シャワー後も良いのですが、ベストなのはやはりお風呂に浸かった後です。

体全体がしっかりと温まっていますので、血行もよく、リンパの流もよく、新陳代謝も最も活性化された状態です。

しかもお肌の毛穴が開いている状態ですから、バストアップジェルの有効成分もお肌の奥深くまで浸透しやすくなるのです。

お風呂上がりにバストアップジェルを塗って適切なバストアップマッサージを行えば、気がついた頃にはバストにハリと潤いを感じることができるでしょう。

さらに継続してマッサージを行えば、弾力も出ますし、念願のボリュームアップも実感できることと思います。

効果を感じるまでは、すぐに諦めることなく、たゆまず継続して毎日のマッサージに取り組んで下さい。

一日の生活習慣の中にバストアップマッサージを取り入れることは、規則的な生活パターンを作ることができます。

塗り忘れのないよう毎日決まった時間にバストアップマッサージを行うことをおすすめします。

入浴後~就寝前にバストアップジェルを塗ってマッサージをすることで、ジェルの優しい香りに癒やされます。

ジェルによるマッサージの気持ちよさからとてもリラックスした状態が味わえるはずです。

就寝前にリラックス状態をつくることができれば、睡眠中のベストタイムに分泌される女性ホルモン・成長ホルモンの分泌量もアップします。

習慣化することで、さらに適切なホルモン量が分泌されるようになりバストアップ効果も日々アップしていくことでしょう。

バストアップジェルの正しい塗り方、マッサージ方法、マッサージのベストタイミングをコントロールできれば、より効果的効率的なバストアップ効果が期待できるはずです。

理想の美バストをあなたのものにするためにも、日々の少しの努力を欠かさず毎日を過ごしたいものですね。



公式サイトへ

ページの先頭へ